ホワイトペーパー

もう失敗しない!オラクルデータベースアップグレードで注意すべき7つのポイント

日本オラクル株式会社 2013年03月17日

従来に比べ、最新のOracle Databaseのアップグレードは格段にかんたんになりました。だからと言って油断は禁物。事前の準備やテストの実施計画、そして最新のOracle Databaseの知識なくアップグレード・プロジェクトを進めた場合、思いもよらぬトラブルに見舞われる恐れがあります。
本資料ではOracle Databaseのアップグレードに関するベストプラクティスを参考に、アップグレード・プロジェクトを成功させるためのポイントを、ありがちな失敗例とともに紹介します。

--目次
●「プロジェクト体制」を怠れば、はじめの一歩でつまづく
●「テスト不足」がアップグレード後のトラブルを招く
●「テストツールの活用」がアップグレード成功の鍵
●プロジェクトの成否を左右する「アップグレード方法の選択」
●Oracle Databaseは常に進化している!転ばぬ先の「仕様変更/新機能のキャッチアップ」
●「計画的なパッチ適用」がデータベースの安定稼働を支える
●「パフォーマンス問題」は事前の情報収集とツールの活用で防げる

詳細は資料をダウンロードの上、ご参照ください。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)