ホワイトペーパー

いまこそストレージインフラの最適化を考える!これがオールフラッシュストレージの決定版

日本オラクル株式会社 2015年03月05日

クラウド、ビッグデータなど企業ITシステムが劇的な進化を遂げる昨今、企業はストレージ・システムのパフォーマンス強化を必要とする3つの問題に直面しています。

・サーバーとアプリケーションのさらなる仮想化
・サーバーの高速化とアプリケーションのスケールアウト
・レイテンシの影響を受けやすいアプリケーション

こうした問題の解決策として最有力なソリューションがフラッシュ・ストレージです。しかし、データのすべてにフラッシュ・メディアがはたして必要でしょうか。使用頻度だけでなく、アプリケーションのパフォーマンス要件やメディアのコストに加えてビジネス価値も考慮したうえで、各種メディア間でデータを自動的に移動する「高性能で自己最適化機能を持つ」ストレージ・システムがあるとしたらどうでしょうか。

「Oracle FS1」に備わるインテリジェントな管理ソフトウェア「QoS Plus」は、データをより効率的に利用する自動階層化システムによって、予測可能なストレージ・リソースの配分を実現します。フラッシュの能力を最大化し、ハードディスクの経済性も両立することが可能です。ビジネスの優先度とデータ使用率の組み合わせに基づいて、フラッシュやディスクといったストレージ・メディアへの最適なデータ配置を決定し、TBあたりの読み込み・書き込み性能で高いコスト・パフォーマンスを発揮します。

ITシステムのボトルネックを解消し投資対効果を最大化する最先端のストレージ「Oracle FS1」詳細は資料をダウンロードのうえご参照ください。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]