ホワイトペーパー

BEA WebLogic Communications PlatformとIPマルチメディアサブシステム(IMS)

日本BEAシステムズ株式会社 2006-03-07

 このホワイトペーパでは、IMS(: IP Multimedia Subsystem)に対する市場のニーズ、IMSの動作の仕組みと利用方法、そしてBEA WebLogic Communications Platformが通信事業者による新しいIMSネットワークサービスの実現をどう支援するのかについて説明します。

 既存のネットワーク資産を新しいサービスに活用する際には、IMSの強みを実感します。サービスに関係して通信事業者が直面している問題は、さまざまに異なるアクセスネットワークすべてにわたるアプリケーションの構築、統合、デプロイ、拡張、管理、および保守です。BEA Systemsでは、自社製品を通じてこうした課題に対処いたします。

 BEAでは、通信事業者のビジネス目標および要件との整合性を効果的かつ一貫して保ち、それらのニーズに応える付加価値製品およびサービスを提供することにより、通信事業者側でのIMSを通じた収益増加の実現を支援いたします。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNET Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]