ホワイトペーパー

プライベートクラウドの利点を生かし過剰投資リスクを回避する、仮想プライベートクラウドの”選びどころ”

日本ヒューレット・パッカード株式会社 2013年10月10日

企業がクラウド環境への移行を考える際、過度のIT投資を抑えながら、同時にエンタープライズレベルのセキュリティを実現する選択肢として、仮想プライベートクラウドは有力な選択肢です。

では、その際にどういったサービスを選択することがビジネスの成果を加速するのか。
本資料は、HPが手がける「HP Enterprise Cloud Services-Virtual Private Cloud」の概要と、その強みを解説します。

ハードウェアは、HPの次世代データセンターにおいてHPがすべて所有、管理、およびホストします。利用者は物理サーバおよび仮想サーバを選択し、必要に応じてインフラストラクチャやアプリケーションに簡単にアクセスできます。アプリケーションに最適なサーバ、ストレージ、ネットワークリソースなどは柔軟にカスタマイズ可能です。

また本サービスは、共通アーキテクチャに基づく「HP Converged Cloud」の重要な一部分であり、複数のハイパーバイザ、OS、開発環境、異なるベンダーのハードウェアなどが混在する環境についてもサポートを容易にします。

詳しくはダウンロードしてご覧下さい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)