ホワイトペーパー

ソフトウェアへの「電子署名」でネットビジネスを加速する

合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧日本ベリサイン) 2010年11月10日

「電子署名」が、ネットビジネスでの売上向上のための費用対効果が高い手法として見直されているのをご存知でしょうか?特にソフトウェアを開発・販売する事業者にとっては、ソフトウェアに「電子署名」をすることが必須対応になってきています。

なぜなら、Windows XP SP2以降のOSでは、アプリケーションやドライバのインストールを実行しようとした際に電子署名がされていないと、「発行元を確認できませんでした。このソフトウェアを実行しますか?」という警告画面が表示される場合が多くあり、この警告画面で、「実行」のボタンを押さないと実際に起動しないことになるからです。

では、そもそも電子署名は何故必要なのでしょうか?本資料では、電子署名の仕組みに触れながら、最近の活用事例から見えてきた電子署名の有効性と、今後期待される用途をご紹介します。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]