ホワイトペーパー

知っていますか?共有SSLと独自ドメイン名SSLの賢い使い分けかた

合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧日本ベリサイン) 2013年07月01日

本資料は、ベリサインによる「共有SSL」と「独自ドメイン名+SSL」の使いわけに関する技術解説です。

アンケートや問い合わせフォームなど、個人情報を取り扱うウェブサイトではSSLによる暗号化が欠かせません。暗号化でセキュリティを高めて簡単に実現するために、あらかじめSSLが準備された環境を活用できるのが「共有SSL」という手軽なサービスです。しかしながら、ネットショッピングのように金銭の授受を伴うサービスで共有SSLを活用すると、サイト利用者がサービスの運営元を確認し難いことやCookieの扱いなど、セキュリティ面での不安要素があることをご存じでしょうか?

本資料では、ドメイン名を共有する「共有SSL」と「独自ドメイン名+SSL」の2種類のそれぞれの利点と注意点を理解し、賢く使い分けるためのノウハウを伝授します。また、自社企業のウェブサイトに最もふさわしいSSLの利用形態を正しく選択できるようになります。詳しくはダウンロードしてご覧下さい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]