ホワイトペーパー

大量メッセージを抑制する運用管理の実践ノウハウ

株式会社野村総合研究所 2010年11月24日

 ツールをうまく活用することで、運用管理の負荷は上手に削減できる。NRIが提供する運用管理ツール「Senju Family」では、さまざまな手法によりメッセージやコールの抑制策を提供している。
本資料では8つのステップで、その詳細なノウハウを解説している。

1 時間帯別しきい値監視機能
2 テキストログ監視における大量メッセージ出力抑止機構
3 ジョブサービス機能
4 ジョブの異常終了時の自動再ラン/自動スキップ機能
5 ジョブの所要時間監視機能
6 メッセージアクション
7 ランブックオートメーション

障害検知、一時切り分け・連絡、障害対応の各段階で、自動化やメッセージ抑制が可能なポイントが複数指摘されており、ダウンロードすれば自社の運用管理について何らかのヒントを得られるはずだ。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]