ホワイトペーパー

リアルタイムの情報共有がもたらす、小売業見える化の常識

株式会社日立システムズ 2010年10月20日

様々な情報をリアルタイムで把握できることのメリット、さらに、小売業において
見える化すべきポイントとは何だろうか。例えば以下のような点が挙げられる。

<見える化すべきポイント>
●どの店舗で、どの商品が何点購入されたか
●各店舗、物流センターに在庫は何点あるのか
●各店舗の製品別売上や全体の売上はどうなっているのか

小売業向けに特化した販売管理システム「Hi-CoreRetails」では、本部にいながら
各店舗の製品別売上や全体売上げを見える化。
情報管理により、適正な在庫維持をサポートできるほか、売れ行きに応じて品揃え
を素早く見直すことも可能なため、より個客志向の店舗運営もできるだろう。
販売機会の損失や破棄ロス・在庫リスクを可能な限り圧縮し、最適な在庫状態を維
持したいというニーズへも対応できるだろう。自ら判断して提案するプッシュ型シ
ステムである事も特筆すべき点だ。


※「Hi-CoreRetails」の詳細はホワイトペーパーをダウンロードしてご覧ください。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]