編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事まとめ:DX推進、IT人材や内製化動向

ホワイトペーパー

マルチクラウド環境で運用の効率化とセキュリティの確保を同時に実現するアプローチを知る

フォーティネットジャパン株式会社 2020-11-17

ここに来て企業のクラウド活用は急速に進んでおり、ほとんどの企業が複数のクラウドプロバイダーのサービスを導入している。しかし一方で、パブリッククラウドやプライベートクラウドを複数導入することにより、ネットワークとセキュリティのインフラはいずれも複雑になり、運用のアジリティが損なわれる原因になってしまってもいる。そしてマルチクラウド環境では、すべての環境を可視化することができず、管理や制御を行うツールが連携していないため、セキュリティの問題が発生する原因となってしまいがちなのである。

本資料では、こうした課題を解決すべく、ネットワークエッジのインフラを簡素化し、クラウドで生成されるトラフィックパフォーマンスのボトルネックを解消し、接続コストを低減する、フォーティネットのセキュアSD-WANを用いたアプローチについて解説している。まずは一読いただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]