編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

ホワイトペーパー

レガシーWANのモダナイズで担当者が知っておくべきSD-WANの基礎、アーキテクチャ、注意点

フォーティネットジャパン株式会社 2021-08-03

SaaSを中心としたクラウドの利用が広がり、IoTやAIなどのDX(デジタルトランスフォーメーション)の取り組みが活発化するなか、本社と拠点を結ぶWANのあり方が大きく変容しつつある。従来のWANでは、クラウドからエッジまで広範囲に分散するニーズを満たせなくなり、ネットワーク遅延やセキュリティ侵害、システム障害などのさまざまなトラブルを誘発するようになった。そうしたなか採用が広がっているのが、SD-WAN(ソフトウェア制御WAN)に代表されるモダンなWANアーキテクチャだ。本資料では、フォーティネットのSD-WANソリューションを中心として、レガシーなWANをモダナイズするうえで必須となるSD-WANの基礎知識から、推奨アーキテクチャ、ビジネスでの活用事例、注意点などを徹底解説している。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]