ホワイトペーパー

制御系/OTシステムを脅かすリスクが増加、侵入ゼロ企業が採用したセキュリティ対策の最適解

フォーティネットジャパン合同会社 2021-07-29

製造業を中心に現場を支える制御系システムやOT(オペレーション技術)。デジタル変革(DX)化に伴い、ITとの融合が進んだことでネットワークのエアギャップがなくなりつつある。また、2020年以降のパンデミックでリモートワークへの移行が進み、サイバー攻撃のリスクがより高まってきた。
制御/OTシステムの脆弱性をつけ狙う脅威が増加し、管理者の多くがセキュリティ強化の運用負荷や投資の増大に直面している。OTのセキュリティ運用に関する最新調査では、10社中9社が過去1年間に少なくとも1回の侵入を経験し、マルウェア/フィンシング攻撃、内部のセキュリティ侵害などが増加傾向にあるという。
以下の資料では、その調査結果とOT運用の課題や対策傾向を踏まえ、過去1年間で10件以上の侵入を受けた企業と0件だった企業の取り組みの差を比較。侵入ゼロの企業が採用した一般的なサイバーセキュリティ対策を紹介する。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNET Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]