編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」

ホワイトペーパー

制御システム(OT)のITへの接続が課題に、海運業界向けのセキュリティを解説

フォーティネットジャパン合同会社 2021-12-07

DX推進に伴い、海運会社のビジネスとシステムは船舶と陸との通信などネットワーク化が進んでいる。それによりサイバー攻撃の対象領域が拡大、脆弱性も増加している。そのネットワークは複雑かつ分散しており、領域ごとに異なるIT機器が使用されているためセキュリティギャップが発生しやすい。船舶の安全かつ円滑な運航に不可欠な制御システム(OT)は、サイバー攻撃の格好の標的となる。OTをIT 環境に接続した結果、OTシステムも攻撃対象となり、セキュリティの脆弱性がハッカーに悪用される恐れがある。この資料では、海運業界のセキュリティ保護を中心に、今後予想されるITとOTの接続におけるセキュリティ確保への取り組みを、セキュリティ企業であるFortinetが解説する。DXが海運業界に及ぼす影響を詳細にまとめ、セキュアSD-WAN アクセスなど、業界向けのセキュリティ施策がわかるようになっている。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    【講演資料】Sentinel運用デモ-- ログ収集から脅威の検知・対処まで画面を使って解説します

  2. セキュリティ

    SASEのすべてを1冊で理解、ユースケース、ネットワーキング機能、セキュリティ機能、10の利点

  3. ビジネスアプリケーション

    北海道庁、コロナワクチン接種の予約受付から結果登録まで一気通貫したワークフローを2週間で構築

  4. セキュリティ

    Sentinel運用デモ-- ログ収集から脅威の検知・対処まで画面を使って解説します

  5. セキュリティ

    セキュアなテレワーク推進に欠かせない「ゼロトラスト」、実装で重要な7項目と具体的な対処法

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]