編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「ランサムウェア」
注目の記事まとめPDF「Chrome OS」

ホワイトペーパー

2022年度上半期のサイバー攻撃を分析する!フォーティネットグローバル脅威レポート最新版を公開

フォーティネットジャパン合同会社 2022-10-05

2022 年の上半期を振り返ると、Apache サーバーに存在するLog4jの脆弱性の影響が長引くなど、前年と大きく変わることなく脅威が続いている。セキュリティ企業フォーティネットが運営するFortiGuard Labsは、世界中に存在するセンサーを活用し、2022 年上半期のサイバー脅威環境に関するレポートを発表した。これによると、過去最高を記録する勢いでゼロデイ脆弱性が見つかっている。重要インフラの分野にソフトウェアを提供しているベンダーを含む多数のベンダー製品に72 件のゼロデイが見つかっており、Googleなどゼロデイ活動を追跡している他の企業も同様のトレンドを報告している。
この資料では、レポートの詳細を紹介し、ゼロデイのほか、エクスプロイト(IPS)、エンドポイントやOTの脆弱性などの脅威について説明する。さらにマルウェア配信のメカニズムなど、詳細な論点に踏み込んでおり、世界の脅威を把握する上で参考になる内容となっている。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]