ホワイトペーパー

【マンガで解説】ランサムウェア対策に最適、SOCなしでもリアルタイムに無効化・対処可能なEDRとは?

フォーティネットジャパン合同会社 2023-12-07

目まぐるしく傾向が変化するセキュリティ脅威。ランサムウェアを代表とするサイバー攻撃への対策として、多く導入されているのが「EDR(Endpoint Detection and Response)」だ。また、専門的なスキルが求められるEDRで検知したサイバー攻撃の分析・対策を講じる組織「SOC(Security Operation Center)」の運用を外部委託する企業も多い。

ただ、EDRとSOCを組み合わせた運用では、いつ発生するか分からないサイバー攻撃に備えるための対策コストがネックとなりがちだ。それでも高度化するランサムウェアへの対策は欠かせない。費用とセキュリティの両立をどう実現すべきなのか。

以下の資料では、ランサムウェア対策に悩む企業を例に、SOCを社内または社外に設置しなくてもリアルタイムで攻撃動作を無効化できる新しいEDRを紹介する。また、これまでのEDRとは違う4つの差別化ポイントも紹介。自組織のセキュリティ強化の参考にしてほしい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNET Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]