ホワイトペーパー

「アラート疲れ」「SOCありき」などのEDRの課題を解消、第2世代EDRが運用現場を大きく変える

フォーティネットジャパン合同会社 2024-02-06

かつてないビジネス環境と社会情勢の変化に伴い、サイバー攻撃の脅威は高まる一方だ。巧妙化・高度化する攻撃からアンチウイルスによる事前防御だけで防ぎきることは、もはや困難となっている。そこで注目されるのがEDR(Endpoint Detection and Response)だが、従来型の製品は導入後の運用には課題も多い。たとえば「1日に数百件ものアラートが上がる」「24時間張り付きで精査・判断・対処が必要」「社内では運用しきれず外部の SOCサービスの利用が必要」などだ。そこで登場したのが、運用負荷やコスト増などの課題を解消した「第2世代EDR」だ。例えば、Fortinetの「FortiEDR」は、脅威をリアルタイムに無効化し、修復までを自動で実行するため、外部サービスを利用しなくても社内で負荷なく運用できる。
本資料では、第2世代EDRが従来型EDRと異なる点を「4つの差別化ポイント」としてまとめ、第2世代EDRが現在の運用現場をどう変えるのかを解説する。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNET Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]