ホワイトペーパー

こんなBIツールが欲しかった!「課題発見ボード」で、経営課題を洗い出し

株式会社富士通マーケティング 2016年10月20日

基幹システムの情報をデータ分析ツールに取り込み、経営課題を可視化する動きが活発化している。
だが専門的で複雑なツールも多いため、どのような視点でツールを選択するかは非常に重要だ。

本資料は、販売業の経営分析ノウハウを集約した「課題発見ボード」の詳細および製品担当者へのインタビューだ。同製品は、民需・医療・行政・海外など、6,000社の導入実績があるデータ分析ツールを元に構築された製品。特に導入後すぐに使える25種類の「販売管理テンプレート」のうち、「営業強化ボード」は最も強力なツールである。

ツールの操作は直感的に、状況分析は理論的に行うことが可能だ。
「BIツールに求められているのは何よりも『わかりやすいこと』」と、製品担当の日本システム古川氏は語る。
詳細はぜひダウンロードをして確認してほしい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]