ホワイトペーパー

不正な無線アクセス・ポイントの2つの検出方法

株式会社フルーク 2008-07-01

無認可の「不正」アクセス・ポイントは、企業のネットワークを外部にさらすことになるため、無線ネットワークのセキュリティ・リスクが高まることになります。

ネットワーク・マネージャーは、このセキュリティの脆弱性を取り除くために、まず、ネットワーク内の不正 アクセス・ポイントの存在を検知し、位置を特定しなければなりません。

不正アクセス・ポイントの物理的な位置を特定するとき、最も一般的な検出方法は、収束法とベクトル法の2つです。

詳細はホワイトペーパーをご覧ください。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNET Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]