ホワイトペーパー

DICOM画像伝送事例【KDDI研究所様】

株式会社ラネクシー 2010年02月18日

従来は、医師の判断は電話で判断していた。しかし、画像を送って判断ができるとさらに正確な判断ができる。

DICOM画像を遠隔地の医師に送るDICOMGEARとMEDICOMM。
病院内で撮影されたCTやMRIなどの画像を携帯電話で精細に見ることができるため、緊急時に専門医が外出先から病院の当直医に指示を与えることができるなど、迅速で的確な医療活動をサポートする。
株式会社KDDI研究所が開発した「MobileMIMAS」は、携帯電話を利用した医用画像の閲覧システムである。

詳しい情報はこちら
http://www.runexy.co.jp/case/imagegear/kddi.html

製品の情報はこちら
http://www.runexy.co.jp/enterprise/dicomgear_net_16/outline/

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]