ホワイトペーパー

物理環境・仮想環境両方のバックアップを効率的統合管理する秘訣

株式会社ラネクシー 2010年11月07日

物理環境・仮想環境両方のバックアップを効率的統合管理する秘訣<<<

 仮想化が進む中、そのバックアップジョブは相当な負荷がかかるため、多数の仮想マシンが稼働している環境ではシステムリソースを圧迫しかねません。
 また、様々なOSが稼働する仮想マシンと物理マシンが混在する環境でのバックアップは複雑化・煩雑化し、管理者の負担は増すばかりです。
 このような仮想環境におけるバックアップの課題に対し、Acronis Backup & Recovery 10 Advanced Server Virtual Editionは効率的なバックアップ運用を実現します。

■WindowsとLinuxの仮想マシンおよびWindowsとLinuxサーバー全てを統合管理
Acronis Backup & Recovery 10 Advanced ServerとAcronis Backup & Recovery 10 Advanced Server Virtual Editionの組み合わせにより、WindowsとLinux、物理と仮想が混在する環境のバックアップ運用を一元管理できます。

■P2V移行、システム延命
物理マシンのバックアップイメージを仮想ディスク(VMDK)ファイルへ変換・仮想マシンに展開する簡単なP2Vと、物理マシンのバックアップイメージを仮想マシンに展開する際にドライバを置き換えて精度の高いP2Vを実現するUniversal Restoreの2つを選択することができます。※マイグレーションはWindowsのみ。


詳しく知りたい方は、セミナーへGO!!
2010年12月6日開催
「ここが知りたかった!VMware仮想化環境の提案とバックアップのベストプラクティス」
http://www.runexy.co.jp/news/seminar/seminar101206

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]