ホワイトペーパー

セキュリティと利便性の両立を目指すSansan、安全なテレワーク環境を実現した秘訣とは

株式会社マクニカ 2021-05-17

名刺管理サービスなどを提供する「Sansan」では、ユーザーの機密情報を取り扱うため、CISO直轄のセキュリティ専任組織「Sansan-CSIRT」を設置して最新の脅威に対抗する環境改善に努めている。

しかし、アンチウイルス製品から通知されたアラートの約99%が誤検知であり、原因が特定しづらく、その対応に多くの時間と工数を費やしていた。また、従業員の生産性や業務効率を妨げない、安全なテレワーク/リモート環境の構築が求められていた。

そこで同社は、CSIRTで活用するエンドポイントソリューションを刷新。毎日数十件上がっていたアラートが激減し、より付加価値の高い業務に注力できるようになった。また、分析・調査の精度が飛躍的に向上して運用管理業務の効率化が図られ、セキュリティと利便性を両立するテレワーク環境の構築に成功した。本ホワイトペーパーでは、その成功の秘訣について迫る。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNET Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]