ホワイトペーパー

“攻撃者からの狙われやすさ”を定量化し大幅なセキュリティレベル向上に成功した方法

株式会社マクニカ 2024-05-22

サイバー攻撃がより複雑化・巧妙化する中にあって、企業のセキュリティ対策もなかなか“正解”を見いだせない時代となっている。このため多くの企業の担当者は、自社のセキュリティ対策について常に不安を抱えながらも、改善すべき点がなかなか見えずに悩んでいる状況に置かれている。こうしたなか世界的に注目を集めているのが、第三者評価を用いた自社のセキュリティ体制の定量化による評価である。

樹脂合成技術を核に化学とデザインの融合から新たな価値を生み出すアイカ工業株式会社は、国内外のグループ企業すべてのセキュリティレベルを、攻撃者視点を用いたグローバルな調査により細部まで可視化。こうして潜在的なリスクを定量化して全社的な危機意識を高めるとともに、セキュリティ対策全般をより強化することに成功したのだった。本資料には、同社の取り組みの経緯が担当者の言葉を交えて解説されているので、ぜひお目通しいただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNET Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]