ホワイトペーパー

クラウド?オンプレ基盤?事例でみるVDI基盤構築の現実解

レノボ・エンタープライズ・ソリューションズ株式会社|インテル株式会社    2015年11月09日

原料の調達から製造、品質管理、営業・販売支援に至るまで、あらゆる業務プロセスのIT化を積極的に推進し、近年でのサーバー仮想化集約などにとりくんでいる株式会社トキワ(以下、トキワ)。同社では、ほとんどの時間を外出先で過ごしている社員も少なくありません。そうした業務環境での営業効率の最適化のためクライアント環境をどうするかは大きな課題でした。

そのため2012年よりクライアント環境の整備・見直しをはじめ、さまざまな施策をおこなっており、そしてたどり着いた現実解が、使い勝手の良さとセキュリティーを両立したクライアント仮想化の採用です。
そこで懸案となったのがオンプレミス型とクラウドを使ったDaaSのどちらの運用スタイルを採用するかです。

同社では安全性、可用性、スケーラビリティなど様々な観点からの検証を行った結果、インテル® Xeon® プロセッサー搭載のSystem x によるオンプレミス基盤を採用しました。

本資料ではトキワの事例をもとにVDI環境導入にる課題解決の行程、オンプレ基盤選定の理由、そして導入効果を紹介しております。
詳細は資料をダウンロードのうえ、ご参照ください。

========================================
Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Xeon、Xeon Inside は、アメリカ合衆国および/またはその他の国における Intel Corporationの商標です。
========================================

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]