ホワイトペーパー

HCIに適した4つのワークロードが判明! それは「レガシー」「大量多量」「GDPR」「安定成熟」

レノボ・エンタープライズ・ソリューションズ株式会社 2018年10月04日

仮想化されたコンピューティング、ストレージエリアネットワーク、ネットワークを含んだITインフラのである「HCI」。さまざまな用途に適用することで人気を博しているが、特に高いメリットを享受できるワークロードがあるという。

アナリストやコンサルタントが指摘するのは、以下の4つのワークロードだ。1つめは、更新頻度の少ない「レガシー」なアプリケーションが稼働するワークロード。2つめは、究極の費用効率が求められる「大量かつ多量な」ワークロード。3つめは、「GDPR」のようなデータ保護が一層強化されるワークロード。4つめは、リスクの発生を許容しにくい「安定成熟」が求められるワークロードだ。

なぜ、これらはHCIが適しているのか。それを解説したのが本資料だ。HCIのメリットを正しく知ることを次世代のテクノロジー戦略を計画し実行するうえでも大きな参考になる。ぜひ、ダウンロードして、HCIのメリットをあらためて確認してほしい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]