ホワイトペーパー

エッジでの活用も視野に - ハイパーコンバージドインフラはなぜあらゆる業種に向いているのか?

レノボ・エンタープライズ・ソリューションズ株式会社 2018年10月04日

IDCの2016年の調査によると、ハイパーコンバージドインフラストラクチャ(HCI)への投資額は、コンバージドシステムの全世界の年間支出額125億米ドルのうちの23億米ドルを占めた。この数値は2021年までに3倍以上に成長し、76億米ドルに達する見込みだ。

アナリストは、HCIはさまざま業種で適用が進むと見ている。IDCでは重要な対象業種として金融サービス、小売、輸送業界を挙げ、Grand View ResearchはIT、テレコム、ヘルスケア業界を挙げる。公共部門などを含めてあらゆる業種がHCIの適用領域となるわけだ。

HCIはなぜここまで拡大するのか。その理由はHCIが持つ特徴にこそある。そして今後は、エッジコンピューティングでの適用が拡大するという。

本資料には、HCI市場の展望と将来性に対するさまざまなアナリストの見解をコンパクトにまとめられている。AIやIoTの進展でエッジでのHCI活用は1つのキーになる。ぜひご一読いただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]