ホワイトペーパー

国内4社の事例にみる、HCI(ハイパーコンバージドインフラ)構築によるIT運用の変革

ヴイエムウェア株式会社 2017年08月25日

汎用的なx86サーバーとソフトウェアを組み合わせて、サーバー仮想化と共有ストレージの機能を提供するHCI(ハイパーコンバージドインフラ)。大きな注目を集めている背景には、増加する仮想マシンやデータベースが必要とする高いI/O性能に、ストレージが柔軟に対応できておらず、パフォーマンスの低下や運用負荷の増大、拡張に際してコストがかかりすぎることなどが挙げられる。

このHCIを構築する際に有用なのが、サーバー仮想化ソフト「VMware vSphere」とストレージ仮想化ソリューション「VMware vSAN」の組み合わせだ。vSANを利用したHCIにより、仮想環境をストレージ領域にまでシームレスに拡張することが可能になる。約3年前のリリース以来vSANをベースとしたHCIは、すでに8,000社を超える実績があり、日本国内でも導入企業が増加している。

本資料では、vSANを利用した国内4社の事例を紹介する。ストレージのコスト削減、ビジネス変化に柔軟に対応するシステム環境など、HCI によるITインフラの見直しを考えている企業に大いに参考になるだろう。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)