ホワイトペーパー

IT部門は企業成長の立役者となれるか--システム視点で考える成長企業の作り方とは

ネットスイート株式会社 2014年04月10日

5,000社を超える、海外に拠点を持つグローバル企業にとって、絶え間なく変化する市場に対応するスピードとグローバル標準のビジネス環境が不可欠です。

新たな事業ドメインの拡大や各拠点の強化など、それぞれの市場の動向と自社のビジネスの状態、例えば、財務やフォーキャストなど、今まさに起こっている経営状況を鑑み、限りある経営リソースを迅速な判断で投資していく必要があるでしょう。

このようなビジネスを支える基幹システム(ERP)は、導入展開サポートといった、見えるコストだけでなく、見えない人的なコストも膨大となるため、これまで中堅・中小企業が導入するには大きな壁がありました。また、大企業にとっても、海外拠点などの限定されたリソースで重厚長大のシステムを運用管理にかけることは現実的に厳しく、さらには要件が複雑化し肥大したシステム導入プロジェクトは、企業体力が要求されるため、負担が非常に大きくなるという懸念があります。

現在、そのような状況において「クラウドERP」が注目されています。経営者やIT部門が要求される「TCO(Total Cost of Ownership)の削減」を可能にし、システムの迅速な導入と定着、法令順守、国際基準への適用、国内外を含む容易な拠点管理など、課題となるポイントをおさえながら、圧倒的なスピードとリーズナブルなコストでシステム導入を実現することが出来ます。また、従来クラウドで難しいと考えられていた高度なカスタマイズも、最適な方法で行うことができます。

本ホワイトペーパーでは、経営者とIT部門が企業成長を実現するためにクラウドアプリケーションで検討すべき項目について、上記のポイントを踏まえてご紹介します。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)