ホワイトペーパー

成長企業にとって会計パッケージの限界は近い!?鍵はクラウド活用にあり

日本オラクル(ネットスイート) 2019年07月12日

現状、国内の多くの企業では、独自の会計パッケージが導入されている。
同時に成長局面にある企業では、そうした会計パッケージに対する限界を感じるケースが多い。
理由としては、業務全体をカバーできないソリューションであったり、広範囲に渡ってリアルタイムなビジネス進捗の可視化ができない、といった点が挙げられる。
複数のソリューションを統合して必要な機能を実現しているケースではさらに問題が多く、統合作業の手間、運用時のデータ連携にかける時間、障害が発生した時の問題の切り分けの難しさなどが課題となりやすい。

そうしたなか、一般的な会計パッケージの様々な課題が解決できるとして注目を集めているのが、世界16000以上の組織での実績を誇るNetSuiteのクラウドソフトウェアパッケージである。NetSuiteは、営業や会計、在庫管理、顧客管理、オンラインショップなどの機能を統合した強力なソリューションを、クラウドで提供する。これにより、顧客と販売会社間での関係性などを確認可能とし、あらゆるビジネスがリアルタイムでの可視化を期待できるのだ。

本資料には、NetSuiteへの移行に関する重要な理由をはじめ、様々な有益な情報が収められている。まずは一読をおすすめしたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]