編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

ホワイトペーパー

なぜ、ここまで簡単なのか--仮想化基盤をたった2Uサイズに凝縮、EVO:RAILのすべて

ネットワンシステムズ株式会社 2015-02-10

当社では仮想化導入は難しい--。こう諦めてしまい、サーバー仮想化や統合といったテクノロジーの導入に踏み切れていない企業は、未だ半数近くにのぼるいという。

実際に声を聞いてみると、出てくるのは“ITインフラ担当者に求められる技術と負荷の高まり”の悩みだ。実際、ここ数年で高度に多機能化する仮想化技術をフルに扱える技術者は不足気味である。従来の運用方法からの転換も大きな負担となるだろう。

しかし、IT管理者はもっと容易にインフラを展開し、ハードウェアの運用コストを削減し、柔軟なシステムの拡張を考えるべきだ。ここに紹介するEVO:RAILは、こうした課題を念頭に開発された、全く新しいアプライアンス型の仮想化基盤なのである。

提供するのはネットワンシステムズ。同社がSier・Nierだからこそ分かる、“シンプルに仮想化基盤を利用する”ノウハウが詰めこまれた製品だ。最初のセットアップ作業はその好例でウィザード形式で質問に答えるだけで、ものの15分程度で終了してしまう。

わずか2Uのラックスペースで、サーバ・ストレージ・ネットワーク・ソフトウェアを統合してしまうEVO:RAIL。スペックの全てを、こちらの資料でぜひ確認頂きたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]