ホワイトペーパー

仮想化環境でのセキュリティリスクの改善-日本CA AccessControl-

CA Technologies(日本CA株式会社) 2009年07月06日

企業の情報システム部門やデータセンター事業者などでは、リソース利用率の最適化による
コスト削減や、俊敏性の向上およびIT環境の負荷削除などを目的に仮想化技術
に熱心に取り組んでいる。

しかし、その一方で仮想化環境特有のサーバセキュリティ対策がなされておらず、むやみに
仮想化環境が構築されている場合が多いのも事実であり、企業にとって非常に大きなリスクに
なりつつあるのだ。

 これら仮想化によるセキュリティリスクを低減するためには、システムセキュリティ対策とともに、
仮想マシン固有のアクセス制御技術およびコンプライアンス要件に基づいた厳密な監査の導入が
必要不可欠なのである。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]