ホワイトペーパー

クラウド化を見据えたデータ統合基盤の条件とは?トランザクションデータのつながりを一元化させるメリット・仕組みを協和発酵キリンの導入事例から探る

三菱電機インフォメーションテクノロジー株式会社 2010年03月26日

協和発酵キリンは経営統合に伴う基幹系3 システム(生産管理、販売・物流、原価計算)の再構築に際し、トランザクションデータのつながりを一元化するトランザクションHubを構築。その中核として、データ統合プラットフォーム「Informatica PowerCenter」を採用し、2010 年1月に一部の本格稼働を開始した。

これにより、製品に関する情報などのマスタデータを管理する既設のマスタHubとあわせ、企業の重要な核となるデータ資産をHub 上で一元管理することが可能となり、運用・保守プロセスにおける生産性向上とコスト削減を達成した。

また、将来利用が見込まれるクラウド化を意識した中長期的な視点としてのアーキテクチャーを実現したことにより、同社は全社データの統合基盤として機能させる次なる目標も計画している。

本ホワイトペーパーでは、基幹系再構築という背景から必要とされるだけでない、将来のクラウド化を見据えたデータ統合の条件を事例として紹介する。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]