ホワイトペーパー

IoTの構築におけるオープンソースの役割

株式会社ベリサーブ 2015年12月22日

IoT (Internet of Things)の構築は驚異的な速度で進行しています。2020年までには、500億台以上のインテリジェント機器がインターネット上で接続され、情報を交換すると予想されています。
IoTの拡大において、オープンソースソフトウェア (OSS)が大きな役割を担っているのは明らかです。
IoTを構築・維持するに当たってのOSSの役割と影響範囲を明らかにし、インフラからアプリケーション、その他の付加価値要素も説明します。IoTでどのようにOSSを活用すべきか検討される方に最適です。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)