ホワイトペーパー

現場の不満、聞こえていますか?――セルフサービスBIで“脱Excel”宣言!

ウイングアーク1st株式会社 2016年09月20日

日々の業務を行う上で、必要不可欠なツールといえばExcel。書類の作成から顧客情報の管理、各種データの集計や分析まで幅広く利用できるほか、マクロを組むことで手作業によるミスをなくし、同時に業務効率化も図れます。こうした利便性の高さにより、多くの企業ではExcelを中心とした業務運用が根付いているのです。

しかし近年、このExcelによる業務運用が破綻しつつあるのをご存知でしょうか。ビッグデータ活用をはじめとして、企業が扱うデータは爆発的に増加しています。こうした状況下において、Excelによる集計・分析を行うにもデータ量が膨大なため下準備だけで多くの手間と時間を要する、手作業によるヒューマンエラーが発生しやすくなる、といった課題が出てきたのです。また、マクロを使った場合は作成者以外がアウトプットやメンテナンスを行いづらいことから、作業の属人化も懸念されます。

本資料では、こうしたExcelでのデータ分析が大きな課題となっていた、ディーアンドエムホールディングスの取り組みを事例形式でご紹介しています。世界的な音響・映像機器メーカーとして知られる同社では、すでにIT部門の主導で社内導入されていたウイングアーク1stの集計・分析プラットフォーム「Dr.Sum EA」を、品質保証の不具合データ分析にも採用。Dr.Sum EAを基盤とした「Quality Report」の構築により、課題解決を実現したのです。その経緯や詳細について、ぜひご覧ください。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]