ホワイトペーパー

重要な保存データを、読み込んだらエラー!の恐怖--確実にデータを守るストレージ

イメーション株式会社 2015年03月17日

企業内に存在する需要なデータは顧客の個人情報から社外機密をはじめとして、実に数多く存在しているが、果たして保存時のデータと完全に同一だろうか?

ディスクの物理エラーだけでなく、ファイルの論理的破損も考慮すべきで、データの書き込み段階のメモリエラーや、ファイルシステムの不具合、エラー訂正のミスに伴う二次的なファイル破損など、書き込みデータが不完全になる要因はいくらでもある。

この問題は、「単にバックアップを取っていれば大丈夫」ではなく、読み出そうとするデータと、本来書き込まれたデータとの「同一性」を確保する専用のための仕組みがないと解決できないということなのだ。

今回紹介する「ASSUREON」は重要なデータのアーカイブに加えて、プライマリストレージの効率的な運用、さらには法規制への対応やコンプライアンス対策強化まで行うことができる。

詳細は資料をダウンロード下さい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]