編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

ホワイトペーパー

障害対応コストは1000億円超え!? SaaSに潜む「3つのデメリット」を解消せよ

リバーベッドテクノロジー株式会社 2020-01-06

Microsoft Office 365、Salesforce、ServiceNow、BoxといったSaaSアプリケーションは、それを利用する企業に多くのメリットをもたらしている。ただ、そのメリットを享受するには、メリットに潜むデメリットを正しく理解することが必要だ。デメリットには大きく「ネットワークにおける遅延」「ハイブリッドITの複雑性」「可視化の欠如」の3つがあります。これらに対処せずにSaaSを利用していると、企業は多大なコストを支払うことになりかねない。例えば、Fortune 1000企業が計画外のアプリケーションダウンタイムに払う年間費用は12億5000万ドルから25億ドルにも及ぶという。

本資料は、SaaSのデメリットを詳しく解説したホワイトペーパーだ。SaaSの課題に対する予防策やそのためのソリューションも提示している。ぜひご一読いただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]