編集部からのお知らせ
新着PDF集:データセンターの省電力化
「これからの企業IT」の記事はこちら

ホワイトペーパー

オンプレ、クラウド、IoT─分散進むIT環境に必須の統一されたネットワークパフォーマンス管理

リバーベッドテクノロジー株式会社 2020-06-08

企業におけるIT環境はますます複雑さを増しており、今やアプリケーションは、オンプレミス、クラウド、そしてエッジ環境と、分散して格納されている。このような分散された環境において日々の運用をサポートし、ユーザーエクスペリエンスを向上するために、さらに重要になってくるのがネットワークだ。

実際、ESG調査によれば、21%のビジネスユーザーが、アプリケーションやサービスのパフォーマンス低下につながる貧弱なネットワーク接続性が、社員の生産性に最も大きな影響を与える技術的課題の1つであるとしているぐらいだ。

しかしながら、多くの従来型のアプリケーション管理ツールでは、組織のネットワークの包括的な視点を提供でないため、最新のネットワークの課題を解決できない。そこで新たに求められるのが、アプリケーションとネットワークパフォーマンスを監視するために必要な総合的な可視性を提供してくれる、統一されたネットワークパフォーマンス管理(NPM)の導入なのである。

本資料では、クラウド、IoT、エッジにわたる可視性の拡張を提供し、統一されたネットワークパフォーマンス管理を可能にする「Riverbed ネットワークパフォーマンス管理(NPM)」について、企業での実運用を想定した踏み込んだ解説を行っている。組織が高度に分散された環境全体にわたってパフォーマンス管理を改善するためのアプローチをぜひ知っていただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]