ホワイトペーパー

最適なストレージネットワークを構築―3つのストレージ接続形態に対応する「ベストプラクティス」

東京エレクトロンデバイス株式会社 2016年03月11日

多くの企業で、データ容量の増大に伴うストレージの容量不足や、アクセス集中によるI/O性能(データスループット、リクエスト処理件数、平均応答時間)の低下が課題となっています。こうしたI/Oボトルネックを解消するための解決策として期待されているのが、オールフラッシュアレイの導入です。

しかし、単純にオールフラッシュアレイにしただけでは、その性能を十分に発揮させることはできません。ストレージの接続に際して、「帯域幅が広く、レイテンシが少ない」「数多くのホストやストレージを接続できる」「配線がシンプルで冗長化されている」などの要件が求められます。これらを満たすストレージ接続形態として、一般的に「FC(Fibre Channel)」「iSCSI」「FCoE( Fibre Channel over Ethernet)」の3つがありますが、それぞれの特性を見極めた上でのネットワーク環境構築が重要です。

本資料では、これら3つのストレージ接続形態の特徴について図版を交えながら分かりやすく解説し、ストレージ利用環境を最適化するためのポイントや製品をご紹介します。今後、オールフラッシュアレイの導入をお考えの企業様が知っておくべき有用な資料です。ぜひ、下記よりダウンロードください。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]