編集部からのお知らせ
オススメ記事選集PDF:MAツールのいま
「これからの企業IT」の記事はこちら

ホワイトペーパー

進行基準適用に向けてのプロジェクト管理のあり方

テクノブレーン株式会社 2008-06-12

受注制作のソフトウェアに関わる会計処理が、2009年4月より、原則、進行基準を適用することとなりました。請負契約の会計処理を進行基準にするためには、受注時点での正確な損益見積、正確な進捗率の把握などが求められます。
会計制度変更により、国際会計基準適用動向、工事契約への進行基準適用についての説明資料になります。

【ご紹介内容】
1.進行基準適用の背景 (国際会計基準とのコンバージェンス)
2.完成基準から進行基準へ/IT業界での収益計上に関する課題
3.システム構築上の留意点
4.プロジェクト管理上の課題 / 進行基準適用上の留意点

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法

  2. クラウドコンピューティング

    AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド

  3. セキュリティ

    Zero Trust Workbook--ゼロ トラストの先にある世界を知るためのガイダンス

  4. セキュリティ

    「ゼロトラスト」時代のネットワークセキュリティの思わぬ落とし穴に注意せよ

  5. クラウドコンピューティング

    データ駆動型の組織でビジネスの俊敏性を実現するには?戦略的な意思決定とイノベーションを両立へ

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]