編集部からのお知らせ
新着! 記事まとめ集「銀行のITビジネス」
EDRの記事まとめダウンロードはこちら

ホワイトペーパー

進化する「ものづくりの現場」-仮想空間を用いて三次元CADや演算結果を現場でリアルタイム確認

横河レンタ・リース株式会社 2020-06-15

これまでは設計やものづくりの現場で三次元CADやCAEなどでつくられた立体的な画像を確認したいと思ったら、ワークステーションなどのハイスペックなデバイスが必要なだけでなく、それらを操作するオペレータが現場に行かねばならなかった。
さらに、複数の人間で画像を見ながらレビュー/ディスカッションする場合は、それぞれが違う立場から制作物を見るため、視点のポジションを変えたい場合はいちいちオペレータに依頼し変えてもらわねばならず、1つのミーティングに非常に多くの時間がかかっていた。そうした設計/ものづくりの現場の生産性を高める手段として注目されているのが仮想現実(VR)だ。
本資料では、複数人がVR空間内へ同時に入り、三次元CADや演算シミュレーションの結果を一緒に見ながら確認・レビューしたりできる画期的なソリューション バーチャルデザインレビューについて解説。
テクノロジーがもたらした設計/ものづくりの現場革新について紹介している。
複数のCADデータも併せてみることができ、サプライパートナーとの連携を模索している企業にも参考になるはずだ。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]