ホワイトペーパー

増えるアプリケーションIDを一元管理!既存システムはそのまま対象システムを選ばないシングルサインオン

株式会社ハイ・アベイラビリティ・システムズ 2013年11月01日

クラウドサービスの活用が企業のIT投資に実益をもたらすことが実感を伴って認識され始めた今、適材適所での最適化されたパッケージを採用し、様々な業務システムを利用している企業も多いのではないだろうか。
しかし、様々なシステムを利用するケースが増えるにつれて、ユーザが管理しなければならない「ID /パスワード数」も増えており、内部統制・監査対応・個人情報保護など企業コンプライアンスにおけるセキュリティ上の問題や、煩わしい複数管理から生まれる業務圧迫も問題となることが多い。

本資料では、シングルサインオンの導入にてユーザの利便性の大幅な向上とセキュリティの強化を両立させた導入事例を掲載。短期間での導入や既存アプリケーションへの影響もゼロでスムーズに導入ができることも大きなポイントの一つとなっている。また、既存システムに手を加えないため、一部システムの更改に合わせ段階的にSSO対象システムを増やしていくスモールスタートや、アクセスコントロールの一元化にてユーザ権限によるアクセスを制御が可能なことも特徴だ。

導入でのコストの削減はもちろんのこと、あらゆるシステムへのSSO対応の秘密は資料にてご確認ください。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)