編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

ホワイトペーパー

セキュリティリスク把握できていますか?インシデント対応の自動化はこうして実現せよ!

ジェイズ・コミュニケーション株式会社 2019-04-17

いまや企業ネットワークのセキュリティ対策は多層防御が基本となっている。しかし、攻撃にはマルウェアを使った侵入からエンドポイントへの侵害、情報の流出といくつかのフェーズがあり、単に多層防御を構築しているだけでは、このサイバーキルチェーンに基づく脅威のリスクを知ることはできない。


こういった複雑化した企業ネットワークに対するビジビリティの低さが招く運用の煩雑さを背景に、ネットワーク/セキュリティ業界に興味深い動きがあった。
セキュリティも含めてネットワーク機器のグローバルメーカーであるジュニパーネットワークスと、EDRを初めて世に送り出したカーボン・ブラックの協業である。

両社の技術を連携させることで、より高度な脅威の把握とセキュリティインシデント対応の自動化を実現し、セキュリティ運用業務を支援するというのが協業の目的となる。では、具体的にどのようなソリューションが提供され、企業のセキュリティ運用はどう変わるのか─両社キーパーソンの対話も収められた本資料にて詳述されているので、ぜひご覧いただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]