編集部からのお知らせ
新着PDF:「Emotetの脅威」
新着記事まとめ「6G始動?」

ホワイトペーパー

データドリブン企業の変革の鍵、膨大なデータを有効活用できる「データ統合」実現のコツ

日本テラデータ株式会社 2020-12-23

企業が競争を勝ち抜くには、データドリブンにビジネスを進めることが極めて重要であるのは、疑いの余地がないだろう。しかし、企業内の大部分のデータが使われていないと言う指摘もあり、それを阻む大きな障壁となっているのが「データから実用的なインサイトを獲得することの難しさ」だ。

言い換えれば、「企業は社内で毎日収集される大量のデータにどう対処すべきかよく理解できていない」ということだ。

そうした現状の中、データ活用を推進するためには、最新のツールをもっと買い足せばいいというものではない。企業がまず乗り越えるべきハードルは、データの再利用を前提としたデータ統合基盤の設計にある。

データドリブンを実現するために必要なデータ統合基盤をどう設計すべきか。以下の資料では、データ統合の実践例を交えて、ビジネスを成功に導く実現する意思決定を可能にする基盤構築や組織体制の変革に役立つヒントを提示する。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]