編集部からのお知らせ
新着PDF:「Emotetの脅威」
新着記事まとめ「6G始動?」

ホワイトペーパー

AWS上でできるデータ分析の基礎と応用ーデータ収集からAIまでプロが教えるモダンデータ活用のすべて

日本テラデータ株式会社 2020-12-23

データ分析のためにはデータを収集・蓄積・加工するためのデータウェアハウスを利用することが一般的だ。また、非構造化データなどを取り扱うためにさまざまなデータを一箇所に集約するデータレイクを構築するケースも増えている。特にデータレイクは、データ蓄積と処理系を分離することで、新しいニーズや技術に対応しやすい環境になるというメリットがある。

本資料では、「Amazon S3」や「Amazon Kinesis」「AWS Glue」などを用いてデータレイクを活用した分析基盤を構築する方法や「Amazon Athena」でデータ分析をサーバレスで実装する方法、目的に応じたデータ分析のためにAWS上でデータ分析プラットフォーム「Teradata Vantage」を活用する方法などを解説している。

AWSとパートナーソリューションを活用しモダンなデータ分析基盤を構築、運用するポイントを網羅する資料となっている。ぜひ参考にしていただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]