ホワイトペーパー

IDC調査にみる総合的なエンドユーザー管理の重要性

ヴイエムウェア株式会社 2014年03月12日

ビジネスで利用されるデバイスの多様化、社外からのデータアクセスの増加、そこで生じるセキュリティの課題など、変化を続けるエンドユーザー環境に対して、企業はどのような対応策を準備し、投資を行っていかなければならないのでしょうか。

これらの課題に対する解決策として、大きな注目を集めているのがデスクトップの仮想化(VDI)です。このVDIに関して、IDCが2013年にアジア太平洋地域を対象に行った調査によると、同地域において最も発展した経済大国である日本は、高度なITインフラが整備され、今後数年間でVDIの大きな普及が見込める国だといいます。

Windows XPのサポート終了を間近に控え、日本の多くの企業はこれまでのデスクトップPCに代わる新たな環境として、VDIを高く評価しています。しかし、物理環境と比較してセキュリティ、運用効率に優れたVDIも、その導入に際してはいくつかの課題があります。その筆頭に挙げられるのが、VDI環境を統合的に管理するプラットフォームの構築です。

本調査レポートでは、アジア太平洋地域におけるVDIをめぐる概況、とりわけITのコンシューマライゼーションやBYODが進む日本の現状と課題、また、VDIが企業のIT戦略のロードマップにもたらす優位性、エンドユーザー環境の効率的なマネジメントを可能にするソリューションの価値などがまとめられています。詳細は下記のURLから資料をダウンロードしてご確認ください。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]