ホワイトペーパー

本当に投資に見合う仮想環境とは?差は「運用」で開く、その理由を6つの先進事例が説明

ヴイエムウェア株式会社 2014年11月25日

企業が大きな決断をして導入した仮想環境が、本当に投資として適正だったのか?その判断を下す大きな要素は、導入後の運用にあります。

仮想マシンンの数が増えるほど、リソース管理やトラブルシューティングの作業は煩雑化するため、いかにして仮想環境の管理を自動化・効率化するかで、ITの投資価値は大きく変わります。

そこで本資料は、仮想環境の戦略的活用で大きな成功を収めた6つの事例をピックアップして、そのポイントを紹介します。先進的な企業が、どのように最新の運用管理ツールを活用し、仮想環境への投資価値を持続的に高めているのか?

詳細はダウンロードでご覧下さい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]