編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

ホワイトペーパー

拠点の「インターネットブレイクアウト」に求められる5つの要件

ゼットスケーラー株式会社 2019-11-06

Office 365などクラウド提供されるサービスを企業の各拠点で利用する際、すべての通信を本社のデータセンタ経由で利用すると、ネットワークの混雑によって著しくパフォーマンスが落ち込んでしまうケースがある。そのため、インターネットへのダイレクト接続(インターネットブレイクアウト)で対応する企業も増えてきている。この手法は、回避用のブレイクアウト回線を別途用意し、その回線を利用してインターネット経由でクラウドを利用するというものだ。

しかしこの手法は従来のWAN回線とは別に新たに回線を引くことになり、セキュリティ対策として各拠点にファイアウォール機能を持つルータなどを設置する必要があるため、導入および管理コストの増大を覚悟しなくてはならない。しかも、新たなブレイクアウト回線に混雑が生じパフォーマンスが低下する可能性もある。

本資料は、セキュアなインターネットブレイクアウトを確立するときに求められる5つの要件を詳細に説明。さらに、これに対応するための「Zscalerクラウドセキュリティプラットフォーム」について紹介する。従来の手法の問題点を詳細に解説したうえで、セキュアな形で拠点のネットワークパフォーマンスを安定化させるための要件を提示しており、わかりやすい内容となっている。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]