ホワイトペーパー

大量データ時代を生き抜くキーワードはマルチプロセッサーサーバーへの変革

日本ヒューレット・パッカード株式会社(ISS) 2012年01月23日

多様なデータベースの膨大な情報を基にした迅速な意思決定や、ビジネスの変化に応じた業務プロセスの俊敏性、IT投資の適正化に向けた仮想化の推進など、大量データ時代を生き抜く企業には、最高性能のプロセッサーを搭載した高信頼・高可用性のサーバー環境が不可欠です。日本HPでは、海外では既に導入が進みつつあるマルチプロセッサー(MP)サーバーの活用を提案しています。

このホワイトペーパーでは、インテルの最新・最強のXeon プロセッサー E7 ファミリーを搭載したHPProLiant MPサーバーの、8プロセッサー80コアのHP ProLiant DL980 G7、4プロセッサー40コアのHP ProLiant DL580 G7/BL680c G7、2プロセッサー20コアのHP ProLiant BL620c G7の詳細機能や課題解決方法をわかりやすく紹介。大量データ時代に求められるITインフラのあるべき姿が見えてきます。

(コンテンツの例)
・ベンチマークで明らかになったインテル最新プロセッサーE7の圧倒的性能の証明
・データベースサーバーの拡張にはスケールアウトではなくスケールアップが正解なワケ
・“センサーの海”、“電力消費の蓋”、“物理・仮想の健康診断”の意味とは?
・デュアルコアはもう古い? 海外ではもはや常識、MPサーバーをデータベースに活用
・HP ProLiant MPサーバー+SAP HANA(インメモリ技術)による驚愕の性能向上、他

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]