ホワイトペーパー

マルチプラットフォーム時代にコストを抑えつつ最適なデータ管理を行う方法

株式会社イグアス 2020-12-11

クラウドファーストと言われる今、柔軟性が求められるDXの推進などのためIT基盤にクラウドを採用する企業は増えた。一方でオンプレミスにはオンプレミスの良さがあり、多くの企業ではIT基盤の整備においてハイブリッド/マルチクラウドが現実的な選択肢となっていることだろう。

そこで1つの注意点がある。ハイブリッド/マルチクラウド環境の場合、従来のような単一プラットフォームの運用とは、その手法や最適解がことなっているということだ。特に、いま非常に重視されている「データ」の保護や運用においては異なるクラウド間の連携やクラウドとオンプレミスとの連携など手間も増える。さらにセキュリティの観点でも、これまでとは違う考え方が必要になってくるだろう。

本資料では、こうしたハイブリッド/マルチクラウド環境におけるデータ運用・データ保護をコストを抑えつつ最適化することができるIBMのストレージ製品群の解説をつうじて、これからの時代の現実解を紹介する。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNET Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]