編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

ホワイトペーパー

10年続くハイブリッド/マルチクラウド時代、運用管理ツールに求める要件とは

日本アイ・ビー・エム株式会社(IBM Cloud Paks) 2019-10-24

クラウドの利用がすすむなか、レガシーシステムのアプリケーションとクラウドネイティブのアプリケーションが共存・協働する「ハイブリッド/マルチクラウド環境」が当たり前になってきた。

こうした環境はしばらく続くと見られており、IBMではその期間を少なくとも10年間と見積もっている。そこで課題になるのが運用管理だ。効率的な運用管理の仕組みやツールを活用しなければ、現在8割を占めるとも言われる運用コストや管理負荷はさらに上昇する恐れがある。

本資料は、運用管理を効率化するための手法・ツールの1つとして、IBMの「IBM Cloud Pak for Multicloud Management」を紹介したものだ。インフラ管理、マルチクラウド管理、イベント統合管理、アプリケーション管理という4つの機能と役割を解説。マルチクラウド管理の勘所を知る資料としても有効だ。ぜひご一読いただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]