編集部からのお知らせ
新着PDF:「Emotetの脅威」
新着記事まとめ「6G始動?」

ホワイトペーパー

「AIOps」は、IT運用管理の世界をどのように変え、企業にどんなメリットをもたらすのか

日本アイ・ビー・エム株式会社(IBM Cloud Paks) 2020-12-11

社会のあらゆる領域でデジタル化が進み、企業にデジタルトランスフォーメーション(DX)が求められるなか、その根幹でもあるITシステムの安定性、可用性の確保は、企業の信用やビジネスに直接のインパクトを与える要素となっている。

しかしながら、システム運用管理の重要性が高まる一方で、ハイブリッドクラウドやマルチクラウドといった状況が生まれ、そこで使われる技術やプロセスも新旧を織り交ぜた複雑なものとなっているなど、その難しさも増しているのが現実だ。

さらに、企業の情報システム部門には、運用管理の効率化や、投入するリソースの削減なども喫緊の課題となっている。こうした運用管理の課題を、最新のテクノロジーを用いて解決するアプローチとして昨今注目を集めているのが、AIを運用管理に適用する取り組みであるAIOps(AI for IT Operations)だ。

本資料では、AIOpsとはどのようなものか、注目を集めている背景とともに改めて言及し、同社の「Watson」を活用した運用管理ソリューション「IBM Watson AIOps」について、その効果を示す事例と合わせて解説している。企業システムの運用管理にまつわる課題解決の最先端を、ぜひご覧いただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]