ホワイトペーパー

今からでも遅くないランサムウェア対策--被害からの簡単復旧のための3つのポイントとは

Dropbox Japan株式会社 2022-12-20

ここ数年の間にサイバー攻撃は激しさを増し続けており、なかでもランサムウェアによる攻撃の手口が高度化・複雑化が大きな問題となっている。IPAが毎年発表している「情報セキュリティ10大脅威2022」でも、昨年に引き続き「ランサムェアによる被害」が1位となっており、企業には早急かつ確実な対策が求められている。実際にランサムウェア被害にあった実例を踏まえて考えられる対処方法として最も効果的なのが、被害を受けた場合にも、すぐに検知、被害範囲を特定して、業務データを直前のものに復元できる対策だ。この「検知」「特定」「復元」を実施できるデータ保管庫としての最適解となるのが「Dropbox Business」である。
本資料では、国内におけるランサムウェア被害の実情を示すとともに、Dropbox Businessを活用した対策のアプローチについて詳しく解説している。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNET Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]